PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男のスイーツ塾

「夢は見るものじゃない、叶えるものだ!!」

と思っていませんか。



_
最初からデカイ事言ってます。
でも「諦めたらそこで試合終了だよ」ってエライ人が言ってました。

子供の頃の夢。皆さんはどれくらい覚えているでしょうか。
はなみずは毎日をただ惰性に過していたので、コレといった夢もありませんでした。
おかげで進路決定に苦労した記憶があります。。。


去る5月10日。
世間では「母の日」として、経済を活性化させようとしています。

さて、はなみず家。
普段何もしてあげることの出来ない妻に、財布が空っぽなはなみずが出来る事とは・・・


「妻のある夢を叶える」事。


妻の幼き日の夢。
それは「バケツプリン」。
要するに、妻は「バケツサイズのプリンが食べたかった」とのこと。

よ~し。やってやろうじゃないかっ!!
元コックがウデによりをかけて母の日を祝おうじゃないか。

コレが「超DQN(ドキュン)プリン」もとい「超弩級プリン」を生み出すきっかけになりました。

※DQN
ネット用語の一つ。非常識、知識が乏しそうな人を指すときに用いられる。
(wikipediaより引用)


「男のスイーツ塾~!!」超弩級☆プリン編
始まり始まり~♪

超弩級かぁ。どうやって作ろう。。。
流石に子供の手前、バケツやらタライはあまり清潔感もないし止めておこう。
ウチにある調理道具で一番デカイのは、と。

ゴソゴソ・・・

どうやらボウル(4㍑)なようだ。(下の画像を参照)
しかしこのサイズでは加熱調理は不可である。
ウチにこんな巨大なオーブンやレンジは無い。

なので今回はゼラチンを使ったプリンを作る事にしました。

材料:
・牛乳 ×3㍑
・タマゴ×10コ
・ゼラチン×55㌘
・生クリーム×1パック
・砂糖×400㌘

:1回の料理でこの量を使うのは罪悪感を覚えます

作り方:
1.牛乳を鍋に入れ80度ぐらいまで温める
 以下、温めつつ作業を実施

なんだか牛乳に申し訳ない気分がしてきます。。。

2.ボウルにタマゴを割り入れ、砂糖を加えよく混ぜる
 これだけ砂糖をブチ込むと身体に悪そうに見えてきます

:砂糖はまだ入ってない

3.別のボウルで生クリームを泡立てる
 コレでコクをアップ。クリーミーになるハズです

4.牛乳にゼラチンを加え、完全に溶かす
 量が量なので、溶かしきれないと固まらない可能性有。危険です!

5.「2」、「3」、「4」を混ぜ合わせる
 ウチの鍋は4㍑までイケますので、何とか全部入りました

いっぱいいっぱいッス

6.混ぜた材料を茶漉しで漉す。
 イッパイイッパイなので厳しいですが、1~2回やったほうがいいです

7.冷蔵庫でしっかり固める
 はなみずは前日夜に作業して10時間ぐらい冷やしました




たしか明け方4時ぐらいに作業は終了したと思います。
目が覚めて真っ先に冷蔵庫へ。

ボウルをゆすってみると・・・

ぶにょっんっぶにょっんっ。

えっ!?表面が波打ってる?
まさか固まってないのか!?

触ってみると草次郎のお肌も真っ青のぶにょっんっぶにょっんっ。
明らかに柔らかすぎる。
ゼラチンが少なかったのか、ゼラチンで作るとこうなるのか?

焦りを感じずにはいられない。

実は手順7を終えた時点で、何故か3㍑プリンが4㍑のボウルに収まらなくなっており、別の18㌢のボウルにもプリンが出来ている。

ゼラチン不足か!?

だが、今更どうする事も出来ん。
ヤルしかない!!

意を決して30㌢フライパンにボウルを引っくり返した。

ぷりんっ。

コレほどピッタリの擬音は他にあるまい。
まさに「ぷりんっぷりんっ」だ。

:花太郎でサイズ比較
顔よりデカイじゃん。


生存確認ができたところで、フライパンから予定していた容器に移し替えデコレーションする。
そう。「超弩級♪プリン」は「超弩級@プリン粗モード」へヴァージョンナップするのだっ!!

まずはカラメルを作り、超~プリンにかける。
(糖分の量がハンパないのでカラメルを作るかどうか迷ったが、妻の要望により作成。。。)

:十円玉比較
カラメルの量が「迷い」を物語ってます。
微量~。。。

さらに生クリーム、フルーツをトッピングして・・・

超弩級@プリン粗モード完成!!
戦いは終った。

さあ、妻よ!!
存分に味わうが良い!!

妻「美味しそう」
花「でか~い」
草「ばぶっ」
はなみず「夢が叶って良かったね」

一同「いっただっきま~すっ!!」


しかし本当の戦いはココからだった。。。

「夕食」の風景

そう。コレが夕食。
プリンオンリー。

大量の牛乳にタマゴ、そして生クリームに砂糖。
カロリーとしては充分過ぎる程、摂取は可能である。

~3分後~

妻「美味しい」
花「ウマ~い」
草「ばぶっ」
はなみず「なかなかイケるな」


~10分後~

妻「味がしない」
 →ペースダウン。

花「・・・」
 →早くも無言。

草「ばぶっ」

はなみず「うおおぉぉーっ」
 →ヤケグソ喰い。


~20分後~

妻「もう見たくない・・・」
 →試合放棄。

花「ちびまる子ちゃん、始るよ~♪」
 →とっくに試合終了。

草「ばぶっ」

はなみず「うおおぉぉーっ!!!」
 →プリンで臨死体験


くっ、このままではヤラれてしまう。
戦線を離脱している花太郎を呼び戻さなくてはっ!!

はなみず「おい、諦めたらそこで試合終了だぞ!!」
花太郎「ふ~ん(● ̄  ̄●)」

くぅ~。同年代なら間違いなく食い付く台詞なのに。。。


~30分後~

妻「・・・」
 →ちびまる子ちゃんを鑑賞中

花「・・・」
 →ちびまる子ちゃんを鑑賞中

草「ゴキュっゴキュっ」
 →ミルクを飲み始めた

はなみず「ゲロゲロ~。。。」
 →試合終了


まさかの「30分で全員の口が開かなくなるという超兵器」。

残飯。。。

当然のように翌日の朝食にも出現。
家族総出で処理にあたるも決定打なし。

さらに夕食。残飯処理班に任命される。

プリンの容器がラーメンドンブリに一新
麻婆豆腐にも見えるが、コレは単調な味に飽きた妻がコーヒーシロップを作って食べたからである。

遂に駆逐完了

これにより得られた教訓は、「叶えない方が幸せな夢もある」と言う事。
そして、丸一日の食事がプリンという「黄金伝説のような快挙を成した」はなみずから一言。


花太郎へ。
子供が持つであろう「バケツいっぱいのプリンを食べたい」という夢を打ち砕きました
ゴメンナサイ 人( ̄ω ̄;)
スポンサーサイト

テーマ : 食べ物の写真 - ジャンル : 写真

コメント

JR━―━―━(゚∀゚)━―━―━― !!

マヂカーww  
やっちまったのかぁw(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

多分、誰もが持っている夢のひとつだとは思うけど叶えてしまうと意外な結末を迎える事もあるんだね〔笑〕 勉強になります~。

とにかく、子供の記憶には楽しい思い出となるでしょうし、プレゼントで大事なのは気持ちですからね ⊂(゚ー゚*⊂⌒`つ

ってか、コックだったんですね!!

新発見。

初めまして。

ものすごいプリンを作られたのですね。
しかも奥様のために。。。お優しい方ですね。
写真を見て驚きました~。
トッビングだけでもボリュームありそうって感じです。
最後はコーヒープリンとなりましたか。
何はともあれ、無事完食できてよかったですね。
お疲れ様でした。

Re: 初めまして。

はじめましてサニーさん。
> しかも奥様のために。。。お優しい方ですね。
ええ、モチロン優しいですよ。
「優しさ」が服を着て歩いてるようなものです。

・・・ま、まあ良かったら今後も宜しくです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。