PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花鳥風月

「あ~っな~つやすみ~♪」


を歌うのはまだ早いっ!!と思っていませんか?



_
さてさて、6月も残すところ僅かとなりました。
今の所、「今年はあまり雨が降らなかったなぁ」という印象です。

そして梅雨が明ければもう夏は目の前。
夏休みを意識し始める季節ですね。

冒頭の1語を出すと、
「やはりサザンだろっ!」
「いやいやtubeだよ」
と言い争う声が聞こえてきそうです。

えっ!?夏休みにはまだ早いですって?
(白々しいですね。。。)

そう思われるのは学生の方が多いかと思います。
子連れで出掛ける世代となると、旅行先、宿泊先を早く決めないと安くて良い宿が埋まってしまい、
1.馬鹿高いホテルに泊まる
2.日帰り旅行にする
3.星空のカーテンの下、緑の絨毯に包まれて眠る
という選択肢から選ばざるを得ません。

親子で旅行をする家庭の奥様は、今の内に子供と行きたい場所をピックアップしておくと旦那様もあまり頭を悩ませなくて済むかも知れません。


はなみず家の場合は、家内と嗜好が正反対の為すり合わせるのに苦労します。。。
かなり独断で出先を決めているので、あまり文句を言わない妻に感謝です 人( ̄ω ̄;)


さて、家庭の事情はともかく、久しぶりの更新となりました。
今回はイキのいいネタが入ったので、書く事に困りません。

まずは今回のタイトル(花鳥風月)について小話をば。

花鳥風月(かちょうふうげつ)とは、美しい自然の景色や、それを重んじる風流を意味する四字熟語である。
※wikipediaより引用

知っている人は知っていると思いますが、はなみずのブログ名でもあります。
インターナショナルな時代になり、ジャパンの風習などがロストしつつある昨今。

確かに便利な世の中になりましたが、多くの物を失ってしまっている気がします。
正しい日本語然り、醤油の貸し借りをする隣人然り、田園の風景然り。

数年前に何処かで聞いた話ですが、
「無人島に1つだけ持って行ける物があったら、何を持っていきますか?」
の問いに
「携帯電話」
というナウい回答をする若者がいるそうです。

頭のネジまで失ってしまったのか。
「人がいない(無人)んだから電波届かねーだろっ!!」
という考えはないようです。
(今はGPSがあるから何とも言えませんが。。。)


相変らず前置きが長いですね。
本題に入りましょう。

先日、花太郎とたった1日で
・レジャーランド
・魚釣り
・観光
を楽しんで来ました。
「夏休み」を満喫した気分です。

遊園地。。。

はなみずが見てきた中で、日本で一番小さい「遊園地」です。
ブログにアップせずにはいられない(笑)

この遊園地へのアクセス方法は・・・
知りたい人も行きたい人もいないと思うので、知りたい人はコメントください。。。
とりあえず「埼玉県にある」とだけ書いておきます。


昼食後、釣り場を探していたら上記の遊園地を発見。
花太郎が一瞬遊んだ後、釣り場に向いました。

実を言うと「釣り場」と言うのは田んぼの用水路のことです。
※花太郎は何故か、虫取り網を水に入れることを「釣り」と言います。


今日の目的は「カブトエビ」という三葉虫を小さくしたような生物。
カブトエビは雑食性で、プランクトンや雑草を食べるので水の浄化作用になるそうです。

んで、「ウチの池に欲しい」と実家から頼まれて、花太郎と日本の田園を楽しむことにしたわけです。
依頼内容はこんな感じ。
○カブトエビ
○ホウネンエビ(ボウフラに見える妙な生物)
○タニシ×2~3ケ
×ザリガニ禁止(池のメダカが食べられるから)
△特に言われていないが、折角なのでメダカを捕まえたい

この釣り場は去年ザリガニ釣りにも来ており、その時はカブトエビがワンサカいたのですが。。。
今年は全く見当らず。
逆に去年は全然いなかったザリガニがワンサカ Σ( ̄Д ̄;)

ワンサカ・・・
ちょっと見辛いですが、この水溜りに6匹以上います。
昼下がりの水が干上がる時間、取り残されたザリガニ達。


なかなか楽しんでます
花太郎「とーちゃん、とーちゃん!見て見てっ!!」
はなみず「ん?どうしたんだ?」
花太郎「何か釣れた!!」

と見ると、明らかにメダカのサイズではない魚が網の中に入っている。
鮒(フナ)だ。
2.5センチはあるだろうか。なかなかの大物だ。

ぬぬぬ。はなみずが捕ったメダカとはサイズが桁違いだ。
父としてこの勝負、負けるわけにはいかない。

花太郎には黙って大物狙いをしていたのは内緒だ。


こっそりと大物を捕り続けていると再び。

花太郎「とーちゃん、とーちゃん!見て見てっ!!」
はなみず「ん?どうしたんだ?」
花太郎「伸びたり縮んだり。何か強そうなヤツがいる!!」
はなみず「はぁっ?」

蛭(ヒル)だと思う
とても強そうなヤツには見えない。
花太郎のセンスを疑う。


今日の釣果。

底の方にいるのがフナ。

最大サイズのフナをゲットしタイトルを奪取するも、干潟でピチピチいってるメダカを一網打尽にした花太郎の漁獲量は最多賞。
まあ引き分けと言うことにしておこう。


花太郎は気にもしていないようだが。。。
お父さんは色々と大変なのだよ。



だいぶ長くなってしまったので、今回は此処まで。
次回は日本庭園の観光(実家)編をアップします。


田舎の田んぼで夏休みを過す。
コレも花鳥風月です。
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。