PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の育児塾

そこの貴方!!
迷っていませんか?


「明日の休み、子供をどこに連れて行けばいいんだ!?」

と。

_
今回はそんな悩みを抱えるお父さんへ贈る男塾。

場所は
栃木県下都賀郡藤岡町大田和
にある「県営みかも山公園(緑色一帯)」。

ETC搭載で高速道路が格安利用可能になったこの御時世、
県外の方もちょっと足を伸ばして見ませんか?

アクセスは非常に便がよく、東北自動車道「佐野藤岡インター」を下りて1分。
近隣には佐野プレミアムアウトレットに巨大なイオンもあり、子供と遊んだ後は自分へのご褒美も購入しましょう(笑)

今の時期だと、北部より佐野藤岡インターへ上ってくるとこのような景色が見えるかも知れません。

コチラは西口広場と呼ばれる駐車場になります。

子供の遊具があるのは南口広場なので移動しました。
ではさっそく公園に入ってみましょう。
園内の見取り図:

西口から南口までの直線距離は、およそ2キロだそうです。

がっ!!

みかも「山」と言うだけあって、かなり勾配がキツイです。

・体力に自信が無い人
・お金に余裕がある人
・時間が無い人
は、この電車に乗りましょう。

自分ですか?
モチロン、男は黙って徒歩ですよ、徒歩!!
(お金がなくてトホホ。。。orz)

道中2回ほど↑の電車に抜かれつつ、大粒の汗を垂らしながら辿り着いたのが


わんぱく広場。
ブランコ、シーソー、滑り台にロープウェイ、アスレチックにふわふわドーム。
(ふわふわドームは、山型のトランポリンの事です)

ようやく辿り着いた遊び場で、花太郎を放し飼い。
ベビーカーに乗りっ放しだった草次郎を降ろし、一休憩。

花太郎は写真手前の「蟻地獄型滑り台」がお気に入りでした。


ここまで来だけでもかなり体力を消耗していますが、地図を見るとこの先には「冒険砦」というなんとも男心を揺さぶるネーミングなシロモノがあるじゃないですか!
(見取り図には書いてないですが、パイプスライダーというのもあります。
花太郎のお目当てはソレです。)

男だったら・・・


逝くしかない!!

見取り図についてですが、赤線は電車道&ベビーカー使用可能道路です。
という言い方をすると言う事は、それ以外の道・・・



そう、ハイキングコースと呼ばれるショートカットが存在するのです。

花太郎があまりに不自然な登り方をしているのは、アホウだからですが。。。

この階段・・・
1段ずつが高すぎる!!

「この階段を作った人間はアホか!!」
と何度思ったことか。

道中発見した物:夫婦岩

そして、この道なき道をハイキングコースと呼ぶ県営栃木県。
恐るべし。

そんなこんなで見えてきたのが

これが冒険砦。

う~ん。あまり冒険心はくすぐられない。。。

一先ず家内は休憩がてら、草次郎に食事を与えている。


俺「登るか。。。」
花太郎「(ー’`ー;)」

あからさまに嫌そうな顔をする花太郎。
しかしココまで来て何もしない手は無い。

砦の柱内部が螺旋階段になっており、ここより頂上を目指す。

冒険砦頂上より北部を撮影:

写真中央に何とな~く見える西口駐車場。
と、遠い。。。

さて、景色を見て楽しめるのは大人だけ。
基本的に子供は無関心ですね。

花太郎「スライダー行こうよ~!!」

と急かされます。
逝きますよ。モチロン。。。

冒険砦からスライダーへの道程はそれほどではないのですが、
例のショートカットコースが曲者です。

と思っていると道を間違え山頂中継広場へ着いてしまいました。
とりあえずココからスライダーへ向います。

コレが道なのか!?
やはり「アホかっ!!」と思わずにはいられない。

かなりの急勾配を登ること5分強。

妙な砦が見えてきました。

中はこんな感じ。

ちなみにのぞき穴からは、雑草だか藪だかしか見えません。。。
申し訳ないのですが「アホかっ!!」と思わずにはいられません。


しかし外の造りは結構にオシャレ。

そしてこの頂上から見える景色はナントっ!!

コレだっ!!



ババ~ン!!


何て言ってる間に、家内ご一行は既に先に進んでおります。

待っておくれ~っ!!


んで、ようやく辿り着いたスライダー。

右側のスライダーを見てもらうと分かりますが、天井が所々透明なプラスチック板になっています。

早速滑ってみましょう。
花太郎「一緒に滑ろう!!」
俺「おうっ!!」

花太郎は順調にスターティングポジションに座り込みましたが。。。
俺「よいしょっ、よいしょっ」

子供向けのスライダーに長身の大人が入ろうというのだから「膝を伸ばして座り、寝た状態から上半身は45度」
の腹筋トレーニングポジション。
更にはズボンが汗で湿って滑りが悪く、腹筋トレーニング状態のままなかなか奥に進めず。。。

花太郎「早く滑ろ~よ~」
など言われる始末。

男は言い訳などせず、イモムシのように前進しようやく勾配のついたところに辿り着くと。

ずるっ。。。ずるっ。。。

滑り出した。
「まさかこのまま延々と「ずるっ。。。ずるっ。。。」と下るのでは!?」
と思っていた矢先、突如その速度は増した。

滑ってみると、パイプの中に光が差し込みかなり綺麗に見えます。
体勢は辛いですが、かなり大きな大人も一緒に滑ることができるようです。

スライダーの外観:



今日も陽が落ちてきました。
そろそろ帰りましょう。

帰り道:七曲り坂

この勾配はキツぃ・・・じゃなくて、いいトレーニングになりますよ!!

南口付近には、この様な休憩スペースもあります。

ゆっくり休んでから帰りましょう。


と、と言う事で「日頃なまった身体を引き締める」もとい、
「子供と一緒に身体を動かす休日」などは如何でしょうか?


※ショートカットコースはある程度大きいお子様でないと、厳しいと思われます。
(参考:花太郎=5才10ヶ月)
ベビーカー&草次郎は夫婦で担ぎながら上り下りしましたが、危険です!!
単に遊具などを楽しむのが目的ならば、電車を使うことをお勧めします。


詳しくはコチラ
佐野市観光協会:みかも山
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。