PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男のパソコン塾:moviemaker編_part3

そこの貴方。

「パワーポイントでできるようなスライドショーじゃなくて、動画編集したいんだけど!」

と思ってませんか?



_
全4回を予定している「男のパソコン塾:moviemaker編」もいよいよ第3回となりました。
あまりウダウダとパソコンの話ばかり書いていたくないので、連日のアップです。

写真を撮ったり、加工したり、サンプル作ったり文章書いたりと非常に時間が掛かるのも早く切り上げたい理由の1つですが。。。


では次回予告通り、今回は動画編集について学習しましょう。


基本的な流れは今までやった事と同じです。

・基本の流れ
1.ムービーメーカー(mm)を起動する
2.素材(写真、動画、音声ファイル)をmmに読み込ませる
3.編集する
4.保存する

今回は「3.編集する」のみの話になります。
他の部分は前回までにやっているので、75%カット(楽したい)です。


●今回のサンプルムービーに使用した素材
・デジカメで撮影した動画

[高画質で再生]

元ネタ

[広告] VPS
:退職する同僚へのビデオレターを依頼されたので、花太郎に出演してもらった時の動画です。
花太郎の台詞がおかしいのは、そのように台本を書いたはなみずのせいです。
あしからず(笑)

この素材を使って編集作業を行ってみましょう。
※写真に表示されるアイテムは解説しやすくするため、
(同じアイテムが複数表示されているなど)
少々不自然な形になっています。


1.不要部分のカット
動画の開始、終了部分のカットは難しい操作もありません。
分かりやすくするため、動画アイテムはタイムライン上に2つあります。
今回は左側の動画のカットを行います。

WS000012.jpg

:不要部分のカット図

1-1.パソコンの基本操作になりますが、「操作対象を選択する」
    今回は四角い青枠の部分をクリックします。
    すると、選択されたアイテムは白く、そうでないアイテムは灰色のままになります。

1-2.「対象を操作する」
    赤い丸枠付近にマウスポインタを近づけると写真のような形に変わります。
    マウスポインタがこの矢印状の時に、ドラッグするとカットすることができます。

ここまでは、写真、音声、動画アイテム共通の操作になります。
動画の場合、任意の箇所をカットする技があります。


2.動画の部分的なカット
今回は動画の3秒~5秒の間が不要だった場合として操作します。

WS000012.jpg

:動画の部分的なカット図

2-1.先程同様ですが、、「操作対象を選択する」
    まずはどの動画の操作を行うかをパソコンに教えてあげなくてはいけません。

2-2.「不要箇所の開始時間を選択する」
    青枠で囲まれた時間軸を使用します。
    ピンク枠の部分が3秒目なので、ココをクリックして選択します。
    
2-3.「動画の分割を行う」
    赤枠で囲まれたボタンをクリックします。
    「クリップを現在のフレームで2つのクリップに分割」とヒントが出ます。

2-4.「不要箇所終了時間(5秒目)を選択し、動画の分割を行う」
    ここまでが不要、となる終了時間でもう1度分割します。

    これで、動画アイテムが
    「必要」「不要」「必要」
    に分割されました。

2-5.「不要部分を削除する」
    不要な部分を選択してデリートキーまたは、右クリックメニューから削除する事ができます。


3.動画音声の部分的なカット
今回は動画の3秒~5秒の間が放送禁止用語だった場合として操作します。
上の手順とほぼ同じで、操作は2-4.まで行ったものとします。

WS000012.jpg

:動画音声の部分的なカット図

3-1.「不要な音声を選択する」
    ここで言う「音声」とは、動画に録音されている音です。
    タイムライン上の動画アイテムを選択すると、2箇所選択される事に気が付いたかと思います。
    青枠の下部が動画音声になりますので、こっちをクリックします。

3-2.「不要な音声をミュートする」
    不要な部分を選択したら、右クリックメニューから「ミュート」をクリックします。
    これで放送禁止用語を消すことができます。


4.音声ファイルのミキサー
mmでは簡易的なミキサー機能?(と言う程立派な物ではない)があります。
以下の図では音楽ファイル2つを重ねています。
どのような効果があるのかと言うと、
「1曲目が流れている最中に、次の曲も聞こえてくる」
って感じです。

ミキサー(ミックス)するので、音楽アイテム1つでは不可能です。
まず複数のアイテムを用意します。

WS000012.jpg

:音声ファイルのミキサー図

4-1.「ミックスしたアイテムを並べる」
    重ねたいアイテムを「隙間無く」並べます。

4-2.「ミックスする」
    左右2つのアイテムのうち、右側のアイテムを左にドラッグします。
    ドラッグする幅によって、重なる時間を調整することができます。

「簡易的」なので、細かい出力の設定は出来ません。
「どちらかの音を強く出したい」などは別途音楽編集ソフトを使用してください。


さて、だいぶ長くなりましたが、コレで大体の事が出来るハズです。

↓集大成はコチラ!↓

[高画質で再生]

before⇔after

[広告] VPS
:ショボイ。。。


まぁ素材が不向きって事もあるし・・・
とりあえずは「今までの講座でコレぐらいは出来る!」ってことです。


音声は、「以前ブログ」で紹介した動画から抜き取りました。


:音声ファイルの元ネタ


いよいよ次回で「ムービーメーカー編」最終回です。



>>moviemaker編_part2
>>moviemaker編_part4
スポンサーサイト

テーマ : パソコン初心者 - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。