PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメの基本

そこの貴方。

「あれ~?写真がブレブレ~Σ( ̄Д ̄;)」


ってな事になっていないですか?



_
前回、妻が撮影した、シャッターチャンスを活かしきれていない残念な写真をアップしたのですが。
今回もまた残念な写真をアップしていきたいと思います。


室内というのは目で見るほど実際は明るくなく、室内撮影ではカメラはより多くの光を取り込むためにシャッターの開閉速度を遅くします。
このシャッターが開いて閉じるまでの間にカメラを動かしてしまうと「ブレ」るわけですね。
カメラではなく、被写体が動いてしまうことを「被写体ブレ」と言います。

三脚などを使うことにより、前者の「手ブレ」を無くすことは出来ますが、被写体が動いてブレる事を防ぐことは出来ません。

これを防ぐために「ISO感度」や「フラッシュ」を設定するのですが。。。


感度MAX

所謂オートモードでの撮影は、この様な惨事を生み出します。
ザラッザラの写真になりました。

しかし危ないところに立ってるな~。。。







:やっぱり。。。


ピンチMAX
ゴミ箱にケツを。引き出しに指を挟まれてます。

そして写真も当然、ザラザラの残念画質です。
妻には、シャッタースピードの設定までは行かずとも、感度とフラッシュは覚えてもらいたいものです。


:バトミントン大会(参加者2名)の様子

はなみずもシャッタースピードの設定は得意ではないのですが、上手に設定ができるとこのようなスポーティーな写真を撮ることも出来ます。






それはそうと、最近の公園では。


:新型ブランコ

このような幼児用のブランコをよく見かけます。
保護者としては、乳幼児を安全にブランコに乗せられるので安心できます。

設置している公園を検索したいと思った事もあるのですが、このブランコの名称が分からず。



しかし遂に判明しました。

:正式名称発見!

この幼児向けブランコは「ゲンキーズ」と言うようです。
我が市内では中規模の公園には大抵設置されているようです。


何の気兼ねも無く、ただブランコを押すだけなので楽チンですね!
ただ楽を積み重ねると、ただでさえ普段使わない脂肪がより使われず。。。


腹がブヨブヨです。


さて、写真もブレブレなら、記事もブレブレですね。
何が書きたいのやら。。。
スポンサーサイト

テーマ : デジカメ - ジャンル : 写真

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。