PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠足2

そこの貴方。



「遠足とは遠くに足を運ぶことだ!(内容など、どうでもよい)」



と思ったことありませんか?
まさに漢らしい書き出し。

俺は草次郎のために遠足をする!(`・ω・´)キリッ


前回の失策を吹き飛ばし、続きを書いていきます。



さて、焼き芋パーティーは一段落。

イモが焼けるまで菓子をつまみ食いしていた子供達は、昼飯時にも関わらずイモだけで満腹になりました。

あ、私ですか?

財布の軽さで胸がいっぱいですのでイモで充分です(`・ω・´)キリッ



さあ、次のイベント「さいたま水族館」の「世界のカメ展」へ出発です。


さいたま水族館ですが、「さいたま」なんて平仮名で書いているので「さいたま市」にでもあるのかと思っていたのですが、所在地は羽生市です。

はなみずは初めて訪れたのですが、予想以上に人出がありました。

カメ展が最終日だからかな?

子供連れは勿論、カップルの姿もチラホラ。


駐車場に車を止め、水族館へ向かいます。


:入り口付近

久しぶりの記念撮影。

夏以来のお出掛けに草次郎は嬉しそうにしています。

花太郎は走り回り、いつの間にか自分の入場券を買っています。

現在小学3年生。お金を払いたい(使いたい)年頃です。

ちなみにはなみずはお金を払いたくない(使えない)年頃です( TДT)



さいたま水族館は館内は勿論ですが、建物の外には川や池があり、そこかしらに魚がいます。

入り口からは館外に出来る人集りが目立ち、何事かと足を運ぶと。



多くの子連れ家族が鯉の餌やり体験で盛り上がっていました。

そうそう、カメ展のチラシを持参した人は、鯉の餌プレゼント→頂きました(人´∀`).☆.。.:*・゚


早速、餌を手に駆け出す花太郎。

そして続く草次郎。


コワイ。。。


鯉の池には柵がないので、小さい子供の動きは非常に怖いです。

:そんなに覗き込むんじゃない!

花太郎は好き勝手に動き回り、好みの鯉に餌を与えています。

まあ、アレは放っておこう(-д-`*)


もはやフレームに収めることが難しくなった花太郎は放置し、草次郎に一点集中。

:なぜカメラ側に来る

って邪魔しにくんな(-д-`*)

草次郎は頑張って目的の鯉に餌を与えようとしますが。


魚の頭上にポイッ( ・д・)シ…○

それじゃ他のコに食べられちゃうよ。。。( TДT)


「顔の前に餌を投げろ」と指示を出すも、伝わらず。


ただ、「自分の行った行為に魚が反応する」ということが楽しいようで、飽きずに触れ合っていました。

:良い子は正座。

花太郎と妻が落ちないように後ろに引っ張るのが嫌なのか、正座をしてじっくり向き合っています。


この池の面白いポイントがあって、池の外周に階段があり、降りた所がガラス張りになっています。

池の断面が見えるところは珍しいですね。ここからも餌があげられます。

:ここなら池に落ちることはない


さて、餌も尽きたところでいよいよ館内に突入。


入口付近でお出迎えしてくれたのはクビナガカメ。

:クビナガカメ。スッポンかと思った。

メチャクチャ元気に動きまわってくれたので写真がブレブレ。

しかたなくフラッシュを使用しましたが、反射光が・・・


以降、感度アップ(ザラザラ)+シャッタースピードダウン(ブレブレ)の残念画像をお楽しみください。

あまり考えて来なかったのですが、水族館って三脚必須ですね。。。(;´∀`)


こうもカメラの設定が決まらないと、撮影者は色々と試行錯誤するのですが。

同伴者にとってはどうでもよいこと。スタスタと先に進んでいきます。

:ワニガメをパシャパシャ

感度をもうちょっと下げねば。いやいや、シャッター速度はこれ以上下げられんぞ(´・ω・`)

などと悶絶していると、別の家族に囲まれている。


あ、あれ。。。俺、迷子!?(;・∀・)



もう慣れましたがね。この展開。

お気に入りの亀だけ撮影し、合流を目指します。

:ホシガメ

お陰で亀の名前が分からなくなってしまいました。

:カミツキガメ・・・だっけ?

:お前は・・・スッポンだろ(´・ω・`)だぶん


館内を1周し、入り口の売店に戻って来ました。

妻の食指が動かない時は、ここはスルーされます。残念。

個人的にも、ここの売り物は今一つ。子供がねだりそうな物もなかったです。

商品次第では売れそうな気はしますが、来館した方。どう思いましたか?



売店をスルーした後は、おやつを食べながら我が家に直行。

無事、遠足をやり遂げました。



はなみずの休日は、草次郎と就寝するのが(個人的な)決まりです。
(花太郎はテレビに夢中なので布団に入るのが遅い)

草次郎と布団の中でこんな話をしました。

はなみず「亀さん、可愛かったね♪」

草次郎「餌あげた」

はなみず「あ~、鯉ね。コイっていう名前の魚だよ」

草次郎「楽しかった」

はなみず「遠足、楽しくて良かったね。でも池に落ちたら大変だよね」

ここぞとばかりに「遠足に行った」事を強調。しかし・・・


草次郎「食べられちゃうよ。。。

そこで引っ掛かるのか(-_-;)


はなみず「ははは(;・∀・)大丈夫だよ。鯉は歯がないから」

草次郎「飲み込まれちゃうよ。。。


歯がなくても飲み込めると考えるとは。意外に賢い・・・でも。


はなみず「そんなに口が大きくないじゃん(´・ω・`)」


餌やり場のそばで行われていたドクターフィッシュ(人の皮膚の角質を食べてくれる魚)体験も「コワイ」「食べられちゃう」とのこと。

相変わらずビビリな草次郎でした。




来年はお友達と本当の遠足に行ってらっしゃい( ´∀`)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。